最近の投稿記事
過去ログ
カテゴリー
ゲーム関連 [70 items]
ニュース関連 [411 items]
雑記 [172 items]
PC関連 [73 items]
UO関連 [22 items]
物欲リスト [7 items]
このサイト内を検索


リンク
Powered by
Movable Type 2.661

2004年02月13日

安心と安全どっち選びますか?

Yahoo!ニュース - 海外 - 読売新聞社

「牛肉の安全は全頭検査しかない」BSE発見学者

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)などの病原体「異常プリオン」を発見し、1997年にノーベル生理学・医学賞を受賞したスタンリー・プルシナー米カリフォルニア大教授が、米議会に対し、牛の全頭検査に消極的な米政府の政策を批判し、日本の安全策を強く支持する発言をしていたことが明らかになった。

政府が米国産牛の輸入を拒否している背景には様々なことがあるようだ。
まず1つは、国産牛は全頭検査を行なっている日本に対して全頭検査をナンセンスだといい拒否する米国、危険な部位を食しなければ人体に影響はないと言われても不安が残る。全頭検査を行い安心と安全を確保することが最善と考える日本との考え方の違いがあるようだ。
また忘れがちになってる問題もある、昨年日本国内でBSE感染が確認された際に米国は日本産牛の輸入をストップさせ全頭検査を行なっているにもかかわらず、輸入再開を行なっていないという背景もある。
なんか駄文をウダウダ書いてしまったが、BSE発見者のスタンリー・プルシナーも断言しているとおり全頭検査を行なわない限り輸入を拒否する頑固とした態度で対応して欲しい。
輸入が早く再開されないと牛製品問題としていろいろと弊害は出てきそうですが、我々が普段食するものですもう少しシビアに考えるべきだと思うよ。

Posted by tan at 2004年02月13日 10:27 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?